参加者募集を締切りました。

平成24年度輸出拡大サポート事業のうち
マッチング対策(農林漁業者等向け商談会支援)

日本−台湾食品商談会参加者募集のご案内

はじめに

 日本食はヘルシーで品質に優れ、そして何より「おいしい」と世界中で高い評価を受けておりましたが、 昨年の東日本大震災に起因した東京電力福島第一原子力発電所の事故により、日本産食品の安全性に対する懸念が高まり、 香港やシンガポール、台湾などアジアの「日本食先進国」においても、残念ながら日本産食品を敬遠する動きや輸入規制が強化されるなどの動きがありました。 しかし、輸入各国における安全検査や日本国内で行われる輸出前検査の効果や時間の経過などに伴い、 日本産食品に対するイメージや評価は事故前の水準に戻りつつあります。

 このたび農林水産省の補助事業(注)を活用し、台湾・台北市において日本の生産者、 団体・企業、地方自治体、事業者等と台湾のバイヤーとのマッチングの場(商談会)を設定致します。
本事業は、飽和状態にある市場の掘り起こしと新規需要の開拓を目的としております。 アジアの「日本食先進国」の中でも日本産品が浸透している台湾において、目新しい食材の紹介や日本料理以外の食品分野への食材の売り込みを行う必要があると考えております。
多くの皆様のご応募をお待ちしております。

 (注)「平成24年度「輸出拡大サポート事業」のうち「マッチング対策(農林漁業者等向け商談会支援)」」

平成24年度実施報告書へのリンクはこちら

平成23年度実施報告書へのリンクはこちら

平成22年度実施報告書へのリンクはこちら

平成21年度実施報告書へのリンクはこちら

本事業のメリット

台湾の有力バイヤーを招聘します
(輸入商社、卸業者、百貨店、スーパー、ホテル、レストラン、等)
短期間で複数のバイヤーと商談ができ効率的です

試食会を開催します
(日本人シェフが参加者の食材を使用して調理をします)

参加費(会場費、試食会費用、共用通訳)が無料です
(旅費はご負担下さい)

「台湾での売り方」講習会(無料)を開催します

事業実施概要

事業名

平成24年度輸出拡大サポート事業のうち
マッチング対策(農林漁業者等向け商談会支援)(台湾)

時期

2012年12月 3日(月)、4日(火)

実施場所

CAESAR PARK TAIPEI(凱撒飯店連鎖)(予定)

募集社数

15社程度

販売品目

農水産物、加工食品(麺、菓子等)、冷凍食品、調味料、日本酒等
※台湾に輸入ができる日本産品であることが条件です

商談会の内容とスケジュール (予定)

1.「売りたい商材」と「買いたい商材」を事前にマッチングします

2.マッチング会場にて、日時を決めて具体的な商談をしていただきます(1回の商談:30分間)

3.昼食休憩時間に試食会を開催します

4.台湾バイヤーのための日本食材セミナーを開催します(試食会開催時)

会期中(2日間)のスケジュール(予定)

時間 内容
09:30〜10:00

準備及び連絡会

10:00〜12:30

商談会開催

12:30〜14:00

試食会・日本食材セミナー開催

14:00〜17:00

商談会開催

17:00〜17:30

片付け及び連絡会

募集情報・申込書

お問い合わせ・お申込先(運営事務局)

名称

株式会社 近鉄エクスプレス販売 新市場開発部

担当者

木村・内堀・後藤

TEL

03-5443-9451

FAX

03-5443-9457

E-Mail

tastejapan@kwe.com

所在地

〒108-0073
東京都港区三田2-7-13 TDS三田ビル5階

関連リンク